ホーム イベント イベントフォルダ ”TIAかけはし”ポスター交流会2017

”TIAかけはし”ポスター交流会2017

-計算科学とデータ科学の連携による実験データ高度解析手法の社会実装-
日時 2017年09月12日
13時30分 から 17時30分 まで
場所 東京大学柏の葉キャンパス駅前サテライト
カレンダーに追加 vCal
iCal
開催要項

■日時:平成29年9月12日(火)13:30~17:30(懇談会:17:30~)

■会場: 東京大学柏の葉キャンパス駅前サテライト
〒277-0871 千葉県柏市若柴178-4-4
▷▷▷アクセス(TX柏の葉キャンパス駅西口より徒歩1分)

■参加費:無料

■懇談会費:3,000円(予定)

■主催:TIA連携プログラム探索推進事業「かけはし」
『計算科学とデータ科学の連携による実験データ高度解析手法の社会実装』

■協賛:
高エネルギー加速器研究機構 (KEK)
東京大学物性研究所 計算物質科学研究センター(CCMS)
物質・材料研究機構 国際ナノアーキテクトニクス研究拠点(MANA)
物質・材料研究機構 統合型材料開発・情報基盤部門(MaDIS)
筑波大学 人工知能科学センター(C-AIR)
産業技術総合研究所機能材料コンピュテーショナルデザイン研究センター(CD-FMat)
ポスト「京」重点課題(7) 「次世代の産業を支える新機能デバイス・高性能材料の創成」(CDMSI)

■世話人:常行真司(東大)、杉野修(東大)、宮崎剛(NIMS)、伊藤聡(NIMS)、三宅隆(産総研)、大谷実(産総研)、櫻井鉄也(筑波大)、岩野薫(KEK)

開催趣旨

計算科学、データ科学、数理科学の理論研究者や、それらの理論研究に対してニーズをお持ちの実験・計測研究者に、気楽にコミュニケーションしていただくための、ポスター発表のみの研究交流会です。関連分野の研究者との情報交換の場として、また新しい共同研究や新規プロジェクト提案の芽を育む場としてご利用ください。理論の研究発表だけでなく、新しい解析手法が必要な実験・計測に関する研究発表もお待ちしています。

プログラム
時間内容会場
13:30-13:40 開催趣旨とプログラム説明 1階多目的ホール
13:40-15:00 ショートプレゼンテーション 1階多目的ホール
15:00-16:15 ポスターセッション(Aグループ) 2階ラウンジ・2階205号室
16:15-17:30 ポスターセッション(Bグループ) 2階ラウンジ・2階205号室
17:30-19:30 懇談会 2階ラウンジ
参加要項

■参加定員:80名程度

■参加申込方法:下記、参加登録フォームよりお申し込みください。ポスター発表をされる方(代表者)は、参加登録の際、ポスターのタイトルをご記載ください。

■参加申込期限:平成29年8月21日(月)正午

>>参加登録フォームはこちら<<

 

ポスター発表について

■ポスター発表上限:80枚程度
※ポスター発表申し込み数が上限に達した場合は、先着順となります。

■言語:英語
※ショートプレゼン資料・ポスターともに、英語で作成願います。

■ボードサイズ:縦190cm×横120cm または 縦190cm×横90cm
※貼付に必要なピン等は、事務局で準備いたします。

■発表申込方法:参加登録フォームよりお申し込みの上、下記、ショートプレゼン資料投稿フォームより、1分間のショートプレゼンテーションで用いるPDFファイル(横向き・1ページ)を投稿願います。尚、資料の左上に、8月末頃お知らせするポスター番号(例:[DS-01][ES-01]など)を記載してください。
※投稿頂いた資料は、カラー印刷して当日配布し、後日、本ホームページ上にも掲載いたします。

■ポスター分類:
DS: Data Science(広い意味でデータ科学的手法を使った研究)     
ES: Electronic State (電子状態計算の手法開発、アプリ公開)     
MA: Materials (特定の物質・材料のシミュレーション)     
RD: Reactions & Dynamics (化学反応や動力学のシミュレーション)     
MS: Miscellaneous(ツール、数値計算手法、アプリ普及)     
EX: Experiment(実験手法、実験)

■ショートプレゼン資料投稿期限:平成29年9月5日(火)17:00

>>ショートプレゼン資料投稿フォーム はこちら<<

 

お問い合わせ

東京大学物性研究所計算物質科学研究センターCCMS事務局

〒277-8581 千葉県柏市柏の葉5-1-5
TEL: 04-7136-3279
Email:adm-office@cms-initiative.jp

GoToTop

© Computational Materials Science Initiative, 2010-2016. All rights reserved.

Powered by Plone & Python