ホーム ニュース ニュースフォルダ 多変数変分モンテカルロ法 (mVMC) ver0.1 公開

多変数変分モンテカルロ法 (mVMC) ver0.1 公開

mVMCバージョン0.1をリリースしました。 mVMCでは、広汎な多体量子系の有効模型(多軌道ハバード模型、ハイゼンベルグ模型、近藤格子模型など)の基底状態の高精度な波動関数を変分モンテカルロ法によって数値的に求めることが可能です。

 

mVMCの概要

広汎な多体量子系の有効模型(多軌道ハバード模型、ハイゼンベルグ模型、近藤格子模型など)の基底状態の高精度な波動関数を変分モンテカルロ法によって数値的に求める有効模型ソルバーパッケージ。グッツヴィラー・ジャストロー、ダブロン-ホロン束縛因子の相関因子を取り扱うことができ、一万以上の変分パラメータを最適化することが可能です。また、量子数射影によって量子数を指定することで低エネルギー励起状態も求めることが可能です。 磁気秩序・電荷秩序などの通常の秩序に加えて異方的超伝導状態なども取り扱えることが最大の魅力です。

詳細は以下のURLからご覧ください。
[ http://ma.cms-initiative.jp/ja/listapps/mvmc ]

GoToTop

© Computational Materials Science Initiative, 2010-2016. All rights reserved.

Powered by Plone & Python