2019 - TUE ~

10/0810/10

第3回計算物質科学イノベーションキャンプ / The 3rd Innovation Camp for Computational Materials Science (3rd ICCMS)

開催場所:ほほえみの宿滝の湯(山形県天童市)

山形県天童市鎌田本町1-1-30

開催趣旨

物質科学の課題解決へのアプローチとして、理論科学、実験科学、計算科学に加え、近年ではデータ科学が盛んに活用されている。特に「富岳」プロジェクトなど大規模計算機を用いたシミュレーション結果と、データ科学分野との融合によるデータの高精度化・物質探索などの応用研究は、益々重要となっている。本キャンプでは、データ科学分野の第一線で活躍される講師を招き、データ科学の数値計算への応用や、計算科学とデータ科学の連携によるデータ高度解析手法について学び、課題解決へとつなげる。また、チームでの実習を通し手法を身に付けることで、各自の課題に役立てることを主目的とする。さらに、産官学や学問領域を超えて活躍する方々のレクチャーと意見交換を通して、イノベーションマインドを学ぶ。

  In recent years, many researchers are applying “data science” to tackle difficult problems in materials science in addition to the more conventional theoretical, experimental, and computational approaches. In this camp, we invite lecturers who are active in the forefront of the field of data science. Participants will learn how to apply data science approaches to numerical simulations and to perform advanced data analysis based on the combination of computational and data science methods. This will be achieved through group exercises with the ultimate goal of utilizing these methods in participants’ own research projects. In addition, we will aim to cultivate an innovation mindset from discussions with lecturers who are active across various fields in industry, government, and academia.

 

開催要項

会場:
開催場所:ほほえみの宿滝の湯(山形県天童市)
住所:
山形県天童市鎌田本町1-1-30
日時:
2019年10月8日 (火) ~ 2019年10月10日 (木)
定員:
40人
参加費用:
無料(但し、懇談会費:1,000円/泊 学生無料) ※宿泊費等は現地にて各自お支払いただきます。


参加申し込み

申し込みは終了しました。

対象者

■参加対象者 / Qualifications:
物質科学・計算科学・情報科学・数理科学・HPCに関連する若手研究者、ポスドク、大学院生 ※プログラミングの基本的な知識は必要です。
※プログラミングの基本的な知識は必要です。
Early career scientists, PD, Graduate students(DC), majoring in materials science, computational science, information science, mathematical science, and HPC.* Basic programming skill is required.
* Basic programming skill is required.

■旅費支援 / Travel expenses support:
下記に該当する方には、東京大学物性研究所CCMS事務局より旅費を支弁いたします。その他の方は、各ご所属機関の経費にてご参加ください。
The travel expenses reimbursement may be applicable to the followings. Participants other than those listed below are expected to be covered by their own funding source.

・講演者 / Lectures 
・ポスト「京」重点課題(7)の課題実施者・協力者
Researcher/Postdoc involved in the Post ‘K’ Project -Priority Issue 7-
・計算物質科学人材育成コンソーシアム構築事業 イノベーション創出人材(IPD)プログラム(フェロー)既認定者および、(一般)新規登録希望者
Researcher/Graduate student who has been designated as ‘fellow’ or ‘general’ of PCoMS-IPD program.

※IPDプログラム(一般)に登録ご希望の方は、まずはCCMS事務局まで詳細をメールでお問い合わせください。
イノベーション創出人材(IPD)プログラムの詳細はこちらをご参照ください。
IPDプログラム(一般)への応募は、東大博士後期課程在学中の方のみ。希望者多数の場合は、選抜の上、旅費支弁の可否を決定します。
* If you wish to join the PCoMS-IPD program, please contact us for more details.

プログラム

こちらよりご確認下さい。

共催/協賛

【共催】
・計算物質科学人材育成コンソーシアム構築事業(PCoMS)
– Professional development Consortium for Computational Materials Scientists(PCoMS)
・ポスト「京」重点課題(7)「次世代の産業を支える新機能デバイス・高性能材料の創生」(CDMSI)
– Post ‘K’ Project -Priority Issue 7- “Creation of New function Devices and High performance Materials, for supporting industry of next generation”(CDMSI)
【協賛】
・東京大学物性研究所計算物質科学研究センター(CCMS)
– The Center of Computational Materials Science(CCMS)
・ポスト「京」重点課題(5)「エネルギーの高効率な創出、変換・貯蔵、利用の新規基盤技術の開発」
– Post-K Supercomputer Priority issue – “Development of new fundamental technologies for high-efficiency energy creation, conversion/storage and use”
・ポスト「京」萌芽的課題「基礎科学の挑戦」
– Post-K Exploratory Challenge Challenge of Basic Science
・東京大学計算科学アライアンス
– Computational Science Alliance, the University of Tokyo

お問い合わせ

■世話人 / Organizers
笠松秀輔(山形大学)、福田将大(東京大学)、三澤貴宏(東京大学)、吉見一慶(東京大学)

■旅費等事務手続きに関するお問い合わせ / Contact
東京大学物性研究所計算物質科学研究センターCCMS事務局
担当:有馬 和美
〒277-8581 千葉県柏市柏の葉5-1-5
TEL: 04-7136-3279
Email:adm-office[at]cms-initiative.jp