2020 - MON ~

02/1702/18

10:00 ~ 17:30

ポスト「京」重点課題(7)・萌芽的課題(1) 成果報告会

秋葉原コンベンションホール

東京都千代田区外神田1-18-13

開催趣旨

本ワークショップでは、材料系アプリケーションの研究活用事例や、大規模計算シミュレーションを行うためのノウハウなどの話題を提供しております。今回は、シミュレーション手法の開発、「富岳」世代のスパコンを用いて創出される物質科学計算データの価値を高める取り組みなどを紹介します。また、ポスト「京」重点課題(7)と萌芽課題(1)の成果報告会をポスターセッションとして実施いたします。さらに、産学連携の仕組み構築に関したパネル議論を2日間に渡り実施いたします。

 

開催要項

会場:
秋葉原コンベンションホール
住所:
東京都千代田区外神田1-18-13
日時:
2020年2月17日 (月) 10:00 ~ 2020年2月18日 (火) 17:30
定員:
200人
参加費用:
無料(意見交換会2,000円)

参加申し込み

【申込み・プログラム】

http://www.hpci-office.jp/pages/ws_material_200217-18

(申し込み締切:202027日(金) 17:00

 

主催

高度情報科学技術研究機構(RIST)

共催/協賛

共催:スーパーコンピューティング技術産業応用協議会(産応協/ICSCP

   ポスト「京」重点課題(5,6,7)・萌芽的課題(1)

協賛:公益財団法人計算科学振興財団、TIAかけはし、

   計算物質科学人材育成コンソーシアム(PCoMS

   東北大学金属材料研究所計算材料学センター、東京大学物性研究所、

   自然科学研究機構分子科学研究所、大阪大学ナノサイエンスデザイン

   教育研究センター)

   情報統合型物質・材料開発イニシアティブ(MI2I)、日本材料学会