2021 - FRI

10/01

14:00 ~ 18:00

[2021/10/1開催] CCMS Webハンズオン: HΦ講習会

Web会議システム Zoomを使用したWeb講習会

参加申し込み

開催趣旨

量子多体系を記述する広汎な量子格子多体ハミルトニアンに対する、 ランチョス法および熱的純粋量子状態を用いた基底状態および有限温度物性計算のための高効率かつ大規模並列対応の汎用アプリケーションであるHΦの講習会を行います。 今回の講習会では、を用いた量子格子模型のシミュレーションに興味のある方を対象に、 HΦの概要と基本的な使い方を、Web会議システムを使ってお伝えします。 実験研究者や大学院生のご参加を歓迎いたします。

[講師・TA]
山地洋平 (物質・材料研究機構)
吉見一慶 (東京大学 物性研究所)
井戸康太 (東京大学 物性研究所)
本山裕一 (東京大学 物性研究所)

要事前登録 (定員に達し次第参加受付を締め切らせていただきます)
募集期限:2021/9/28(火) 17:00

開催要項

会場:
Web会議システム Zoomを使用したWeb講習会
日時:
2021年10月1日 (金) 14:00 ~ 18:00
募集人数:
30人
参加費用:
無料

参加申し込み

こちらより申し込みください / Please register here

対象者

• HΦを用いた量子格子模型のシミュレーションに興味のある方
• UNIXでのファイル操作、編集、コマンドの実行等に慣れていることが好ましい
• 並列計算、プログラミングの経験は問いません
• MateriApps LIVE!をインストールするPCを用意できる方
(事前準備に従い、事前にMateriApps LIVE!を必ずインストールしてください)
• Web会議システム Zoomやチャットツール Slackにアクセスできる環境の方

※非居住者の方(日本に入国して6ヶ月が経過していない留学生、国内機関で雇用されていない研究者など)は、
スーパーコンピュータを使用した演習に参加できない可能性があります。あらかじめご了承ください。

※ZoomやSlackの詳細については以下のページをご覧ください。
Zoom公式ページ: https://zoom.us/jp-jp/meetings.html
Slack公式ページ: https://slack.com/intl/ja-jp/team-chat

プログラム

(内容は予告なく変更する場合がございます。)

 
14:00 14:40  HΦの概要
14:40 15:20   MateriApps LIVE!の使い方・実演
15:20 15:30   休憩(10分)
15:30 15:50   物性研スパコンの使い方
15:50 16:50   演習時間/解説
16:50 17:00  終わりに
17:00 18:00   自習時間

注意点
・実習中に外部サイトからファイルをダウンロードしたり、外部ネットワークに接続する場合があります。講習会当日にアクセスするネットワーク環境にご注意ください。

事前準備

・Web講習会に関する準備
本Web講習会では、Web会議システム Zoomとチャットツール Slack を使います。
ZoomやSlackのアカウントを事前に作成する必要はございません。
詳細は講習会の申込締切後にメールにてお知らせいたします。

・講習会で使うファイルのダウンロードとインストール
MateriApps LIVE!等の講習会で使用するファイル/ソフトのダウンロード、及び各自のPCへのインストールをしてください。
ダウンロードURLやインストール方法は、講習会の申込締切後にメールにてお知らせいたします。

※申込締切後から講習会前まで、インストールに関する質問を受け付けます。インストールがうまくできない場合は、Slackやメールでお問い合わせください。

主催

東京大学物性研究所計算物質科学研究センター(ISSP-CCMS)

共催/協賛

計算物質科学高度人材育成・産学マッチングプログラム
東京大学物性研究所 物質設計評価施設 大型計算機室
「富岳」成果創出加速プログラム: 量子物質の創発と機能のための基礎科学―「富岳」と最先端実験の密連携による革新的強相関電子科学
基盤研究(B) :計算・実験科学の融合による有効ハミルトニアン構築と強相関トポロジカル物質への応用 (20H01850 )

お問い合わせ

東京大学物性研究所計算物質科学研究センター(CCMS)
〒277-8581 千葉県柏市柏の葉 5-1-5
TEL 04(7136)3279 / FAX 04(7136)3441
email adm-office[at]cms-initiative.jp