2018 - TUE

08/28

13:15 ~ 17:30

CCMSハンズオン: MateriApps LIVE!講習会(TIA“かけはし”連携講座)

東京大学柏の葉キャンパス駅前サテライト205号室

千葉県柏市若柴178-4-4

開催趣旨

「MateriApps LIVE!」は、代表的な物質科学アプリケーションに加え、OS (Debian GNU/Linux)、エディタ、可視化ツールなど、計算を始めるのに必要な環境が全て1本のUSBメモリに収められている公開ソフトウエアのパッケージです。MateriApps LIVE!を用いることで、第一原理計算・量子化学・古典分子動力学・有効格子モデル計算などを行うことができます。
講習会では、MateriApps LIVE!のインストール方法を解説し、量子格子モデル(局在スピン系・フェルミオン系・ボソン系)の厳密対角化や量子モンテカルロ法によるシミュレーションの演習を行います。また、参加者がシミュレーションしたいと考えている有効格子モデルの計算方法についても、個別に対応します。物性研スパコン上で、上記ソフトウェアを体験することもできます。
特に、実験系の方・大学院生の参加を歓迎します。MateriApps LIVE!のより詳細な情報は
以下のページをご覧ください。
http://cmsi.github.io/MateriAppsLive/index.html

・講師:藤堂眞治 (東京大学 大学院理学系研究科/物性研究所)
・講師:加藤岳生 (東京大学 物性研究所)
・講師:本山裕一 (東京大学 物性研究所)

・要事前登録 (定員に達し次第参加受付を締め切らせていただきます)
・主に大学院生を中心に旅費援助を行うことが可能です。

開催要項

会場:
東京大学柏の葉キャンパス駅前サテライト205号室
住所:
千葉県柏市若柴178-4-4
日時:
2018年8月28日 (火) 13:15 ~ 17:30
募集人数:
8人

参加申し込み

申し込みは終了しました。

対象者

・ 量子格子模型の厳密対角化/量子モンテカルロに興味のある方
・ 授業・講習会などで簡単な実習環境の構築を行いたい方
・ UNIXでのファイル操作、編集、コマンドの実行などに慣れていることが望ましい
・ 並列計算、プログラミングの経験は問いません

プログラム

 
13:15 13:30 MateriApps LIVE!の概要説明
13:30 14:00  MateriApps LIVE!のインストール、基本的な使い方の説明
14:00 15:00 ALPS / HΦ / mVMC を利用した厳密対角化や量子モンテカルロ法の簡単な実習
15:00 15:30 休憩(30分)
15:30 17:30 参加者の個別の希望に基づく実習( 物性研スパコン利用も可能)

 

事前準備

実習はMateriApps LIVE! ( https://ma.issp.u-tokyo.ac.jp/app-post/291 ) を用いて行います。ノートパソコン(Mac OS X, Linux, Windowsなど)をご持参下さい。実習のためのノートパソコンを貸し出すことも可能ですので、希望する方はご連絡下さい。
お手持ちのノートPCを使用する場合は、あらかじめ VirtualBox のホームページhttps://www.virtualbox.org/wiki/Downloads から、ご使用の OS (Windows, Mac OSなど)に応じたファイルをダウンロードし、インストールしておいてください。
なお、過去の 講習会資料は以下にあります。
https://github.com/cmsi/MateriAppsLive/wiki/MaLiveTutorial

主催

東京大学物性研究所計算物質科学研究センター(ISSP-CCMS)

共催

TIA“かけはし”「計算科学とデータ科学の連携による実験データ高度解析手法の社会実装」(東大、AIST、NIMS、筑波大、KEK)

その他

募集期限:2018/8/20(月)

お問い合わせ

東京大学物性研究所計算物質科学研究センター(CCMS)
〒277-8581 千葉県柏市柏の葉 5-1-5
TEL 04(7136)3279 / FAX 04(7136)3441
email adm-office[at]cms-initiative.jp