2018 - FRI

10/19

13:00 ~ 17:30

CCMSハンズオン:xTAPP 講習会(TIA“かけはし”連携講座)

東京大学柏の葉キャンパス駅前サテライト205号室

千葉県柏市若柴178-4-4

開催趣旨

xTAPP (eXtended Tokyo Ab-initio Program Package )は、密度汎関数理論に基づく擬ポテンシャル法による平面波基底の第一原理計算コードです。

xTAPPの概要と基本的な使い方から応用までの講義と実習、またGUIによる出入力の補助ツール(TAPIOCA)を用いた計算実習を行います。今回は東京大学物性研究所のスーパーコンピュータを利用した実習を予定しています。

この講習会はシミュレーションプログラムの多くが動作環境としているUNIXの基礎的な使い方は分かる方を対象とします。

 

xTAPPのより詳細な情報は以下のURLをご覧ください。

https://ma.issp.u-tokyo.ac.jp/app/738

 

講師: 吉本芳英(東大院情報理工)、吉澤香奈子(高度情報科学技術研究機構)

開催要項

会場:
東京大学柏の葉キャンパス駅前サテライト205号室
住所:
千葉県柏市若柴178-4-4
日時:
2018年10月19日 (金) 13:00 ~ 17:30
募集人数:
8人

参加申し込み

申し込みは終了しました。

プログラム

 
13:00 17:30 演習環境設定

xTAPPの概要の解説

チュートリアル

可視化ツールTAPIOCAの実習

計算実習

 

事前準備

[事前準備]

計算実習は、MateriApps LIVE! (http://ma.cms-initiative.jp/ja/aboutus/try_apps/o05upl ) と東京大学物性研究所のスーパーコンピュータ(http://www.issp.u-tokyo.ac.jp/supercomを用いて行います。

計算実習のためにノートパソコン(Mac OS X, Linux, Windowsなど)をご持参ください。

お手持ちのノートPCにあらかじめ VirtualBox のホームページ

https://www.virtualbox.org/wiki/Downloads から、

ご使用の OS (Windows, Mac OSなど)に応じたファイルをダウンロードし、インストールしておいてください。

 

主催

計算物質科学研究センター(CCMS)

共催

高度情報科学技術研究機構(RIST

TIA連携プログラム探索推進事業「かけはし」

『計算科学とデータ科学の連携による実験データ高度解析手法の社会実装』

お問い合わせ

東京大学物性研究所計算物質科学研究センター(CCMS)
〒277-8581 千葉県柏市柏の葉 5-1-5
TEL 04(7136)3279 / FAX 04(7136)3441
email adm-office[at]cms-initiative.jp