新型コロナウイルス感染拡大防止に向けた対策として、国立大学法人東京大学教職員等は原則在宅勤務となっております。ご連絡・お問合せ等は電子メールにてお願いします(このページ下のお問い合わせからお願いします。:https://ccms.issp.u-tokyo.ac.jp/contact)。

続きを読む

これまでの「見える化シンポジウム」のプログラムはこちらから

見える化シンポジウム2019 バーチャルでリアルを超えろ  〜難解サイエンスを映像で感覚的につたえる〜 (2019.3.2). 開催場所:秋葉原UDXシアター 主催:ポスト「京」重点課題(7)「次世代の産業を支える新機能デバイス・高性能材料の創成」 (代表機関:東京大学物性研究所)   見える化シンポジウム2018 「シミュレーション可視化の未来 ~計算科学ミュージアム実現に向けて~」(続きを読む

ポスト「京」重点課題(7) 第5回シンポジウム 「次世代の産業を支える新機能デバイス・高性能材料の創成(CDMSI)」 開催報告

2019年8月9日(金)、東京大学本郷キャンパス 伊藤国際学術研究センター 伊藤謝恩ホール・多目的スペースにて、ポスト「京」(スーパーコンピュータ「富岳」)重点課題(7)「次世代の産業を支える新機能デバイス・高性能材料の創成」の主催によるポスト「京」重点課題(7) 第5回シンポジウム「次世代の産業を支える新機能デバイス・高性能材料の創成(CDMSI)」を開催いたしました。大学、研究機関だけでなく民続きを読む

第7回材料系ワークショップ 〜第一原理計算と実験のデータ同化による材料開発手法〜(2019.2.8、秋葉原UDX)

スーパーコンピュータや計算科学アルゴリズムの進化により、物質・材料に対するより精密な数値シミュレーションが可能になりました。第一原理計算はそのシミュレーションの重要な計算手法の一つです。 本ワークショップでは、これまでにも企業や研究機関などの材料系分野の研究・開発者の方にシミュレーションの有効性を知って頂くことを目的に、材料系アプリケーションの使い方や研究活用事例、大規模シミュレーションを行うため続きを読む